快復/回復(20160323)

やっと帯状疱疹からほぼ「快復」致しました。

ここ二日間、痛み止めを服用致しておりません。腫物もニキビ程度のものが大小合わせて三つほどになり、腫物自体に触れないとその存在もわからないようになりました。未だに、触れると若干接触痛がありますが・・・

最終的に二日前、多くの方から聞き及んでいた終盤期の皮膚表面のかゆみが激しくありました。掻きむしりたい衝動に駆られるほどでしたが、何とか我慢して乗り切れました。(笑)

多分、内臓側も炎症を起こしていたのでしょうが、帯状疱疹発症後、ずっと感じていた胃から腸にかけての膨満感も無くなり、おなかのふくらみも以前の程度に戻りました。

病状から体調も「快復」しましたので、日常生活も以前の様に「回しなければなりません。

ただ元に戻すだけではなく、無理をしていた部分の改善も必要です。今回の場合は、疲れをとるための睡眠時間をきっちりと取る事だと考えております。

昨夜はいつもより一時間半も早く眠りました。と言うより、こたつで気絶するように転寝しておりました。(いつもの事ですが・・・)

転寝から一時間半程で一旦目覚めて深夜にトイレに起きましたが、それでもいつもの就寝時間でした。

今朝はすっきりした目覚めです。

病状も快復し、体調も良く、今日も一日思いっきり頑張れそうです。

焦らずに、ここ三週間の帯状疱疹と格闘で後れを取った分を取り戻して、元通り「回復」して参りたいと思います。

さあ、今日から新たな爽快な気分でお仕事に励んで参ります。

  1. 江見師範、快復おめでとうございます。桜も咲き始めてます。春に向かって合気道共に頑張りましょう。

    • 谷口師範、ありがとうございます。気候も良く成りますのでパワー全快でがんばります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。