歯冠(20160216)

昨日は、退社後に予約を入れてあった歯科外来に参りました。

この日は前回入れた仮歯を外して、本番の3本の歯冠の型取りでした。前々回の仮歯の型取りから前回の仮歯の装着、今回の本番の型取りと、いずれも一時間を超える治療時間で、結構疲れました。

今回は上下の歯、すべての歯の型取りと問題の奥歯三本の歯並びを見るための型取り、、一本一本の精緻な型取りと何度も型取りを行う事になりました。

特に上の歯の型取りでは、型を外す際に前歯が抜かれるのかと言う程、なかなか型が外れずに痛い思いをしました。本当に前歯が抜けかけたのかと思う程でした。

最後に本番の歯のセラミックの色合わせをして頂き、仮歯を再装着して一時間を超える治療が終了しました。

今回の型取りでは歯周ポケットに太い紐を差し込むのに、痛みがあるので麻酔を打っての型取りでした。前回の仮歯の型取り時は糸が細かったので麻酔無しでされたとの事でした。何のために糸を通すのでしょうか?歯周ポケットに歯冠を差し込むためなのでしょうか?

次回は本番の歯冠が入るのですが、その為の代金を先払い致しました。31万円を超える出費です。一日三回の歯磨きを欠かさずして参りましたが、土日等に夜の歯磨きが手抜きになったり、毎回の歯磨きが少し大雑把だった為なのか、大昔に入れたギンガムの詰物の隙間から虫歯が出来、最終的に神経まで侵していました。

大金の出費の痛手もありますが、死ぬまで出来るだけ多くの自分の歯を残したいので、今後は一本ずつの歯を大事に磨いていきたいと思います。

さて次回は3月1日です。本番の歯冠の出来栄えが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。