稽古考(見切り稽古)

合気道の稽古では、受けの稽古姿勢が非常に大事である。現在合気杖の稽古では、見切りと入り身についての鍛錬を中心に行なっているが、見切りの稽古には受けが真剣に攻撃する姿勢がないと稽古にならない。

合気道の稽古で陥りやすいのが受けが安易に上手に受けを採ってしまうことだ。受けが受けのための受けを行なえば行なうほど合気の鍛錬ではなく踊りの稽古になっていく。

初心者の稽古は、平常心と脱力の稽古の為、踊りの稽古のように行なう必要性や一面もあるが、上級者になってもこれを通しているのはいささか疑問である。

受けは隙あらば攻撃を加える気構えで臨むべきであり、その攻撃しようと言う意思を受けて、仕手は、合気し、合一和合の境地を作っていくのが本来の稽古だと思う。私の指導ではこのことを特に強調している。無駄話をしながら、仕手にかかっていく受けの姿勢は納得がいかない。稽古は楽しむものであるが、この意味を錯誤して受け取っていると思われる。

受けの攻撃を見切る稽古は、真剣な間合いからしか生まれない。

Secured By miniOrange