受霊と反射(20150828)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道指導日でした。

稽古準備を始めた当初はエアコンを弱にしていると閉ざされていた機能回復室の残された熱気で思わず最強にスイッチを入れなおしましたが、直ぐに寒すぎて弱に戻さなければなりませんでした。

行き帰りの虫の音と共にやはり盛夏は過ぎて秋口に入ったのだと感じさせられました。

八番弟子T野君は昨夜までが勉強合宿との事で昨夜もお休みでした。LINEでの報告によるとこれまでの人生で一番勉強したとのことで四日間に亘る合宿で疲れ切ってしまったそうです。お疲れさまでした。

昨夜の合気道稽古の参加者は、五番弟子T尾さん、六番弟子M野さん、七番弟子M田さんでした。

昨夜の合気道稽古指導では、表題の「受霊(うけひ)と反射」というテーマで故田中万川師範の提唱された「入り身転換反射道」の稽古と致しました。

まずはいつものように「体の転換」を時間をかけた説明と実演と共に入念に稽古いただきました。

受けの方の気の流れを「受霊」で受けて「イクムスヒ(△)、タルムスヒ(○)、タマツメムスヒ(□)」、つまり「気合わせ、気結び、気納め」で産びを入れるとともに和合し、それを転じて「反射」で技に成すと言う理合での稽古です。

まずは「逆半身片手持ち体の転換一教抑え」の稽古で「一技、一受霊、一反射」での稽古とし、続いて「逆半身片手持ち体の転換入り身投げ」で一技、二受霊、二反射」の稽古としました。

最後に「受霊と反射」で行う「天地投げ」を稽古いただき、昨夜の稽古を終えました。

ふれあいセンターの外はエアコンのきいた稽古場以上に涼しく、繰り返すようですが大好きな秋が参った事をしみじみと想いました。

さあ、明日は合気道三昧の土曜日です。

週末の明日を楽しみに、今日も一日頑張って行きましょう。

2015年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=282時間/97日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。