ソックスが逝く(20141006)

ソックス「誠の黒夜叉号」画像先程、2時半頃に愛犬ソックスが旅立ちました。奇しくも、本日は亡き父の誕生日です。台風の風雨が強まる中、最後まで歩こうと横になりながらも、息が切れようとも、足を動かし続けての死でした。

木曜日の夕方から、激しく泣き続け金曜の朝4時40分に私が首筋を摘んで一時間以上撫でてやって、それに安心したのか、眠りました。

その日は10分だけ眠って会社に参りましたが、睡眠不足で頭が痛い中、連続で会議に一日中忙しく働きながらも、心配で心配で・・・・

帰宅後、本来の飼い主である長男を呼び寄せ、次男は東舞鶴から夜中12時過ぎに嫁と参りました。深夜3時には出社のために帰路に着きました。

土曜日は長男が一家で参り、日曜日も再度参ってソックスを動物病院に連れて行ってくれましたが、病院では熱があるだけですぐにどうこうなるのかどうかは分からないとのこと。

私自身は16歳を越えて、この家に越してきた当時からの近所の飼い犬たちも全てなくなり、近所でも最長老となったソックスの寿命が尽きるのもすぐそこであるのがなんとなく分かっておりました。そのため、この三日間、ソックスのそばのソファーで看病しながらの仮眠で・・・久しぶりに自分の布団に深夜12時頃に入って眠りについたのですが、家内が2時半ごろにそっと起こしてくれました。「ソックスちゃんが死んだかも・・・」

水をあげようと起きてみたところ息をしていなかったとのこと。2時間前までは苦しそうでしたがしっかりと呼吸していましたが・・・最後はなくなった母と同じ状況でした。まだ暖かく頭もとの毛布は最後の涙と目やにでぐっしょりと濡れておりました。

妹夫婦がソックスと同じ年から飼っていたミニチュアプードルのセナも正月に我が家に遊びに来てソックスにお別れを言うかのようにニ三日後に老衰で亡くなりましたので・・・・

ソックス、大好きだったおばあちゃんやクーちゃんやセナが天国で待っていてくれるから、安心して天国までたどり着いてください。あれだけ歩いたのだからもうついているのかな?

16年間、我が家の家族として楽しく暮らしてくれて本当にありがとう。ペットショップで初めて出会ったときの飼ってほしいと訴える君の目が忘れられません。

まだ、手の中に君の香りが残っています。本当に、本当にありがとう。

先に逝ったおばあちゃんがあれだけ君の事を気にしていたのだからきっと笑って迎えてくれているよね。おばあちゃんによろしく。噛んだりしたらだめだよ。

黒芝犬、血統名「誠の黒夜叉号」、愛称「ソックス」、先ほど旅立ちました。

本当に、本当に永い間ありがとう。ご苦労様でした。

君の事は決して忘れません。

成仏して、おばあちゃんのそばで天国の草原を走り回っている君が目に浮かびます。

最後は苦しかったけれどこれで楽になれたね。良かったね。

さようなら、ソックス。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。