暖かくなりました(20140317)

昨日は、合気道「眞武館」島本道場の稽古指導日でした。

先日、バスケットボールをしていて左手薬指を骨折した四番弟子H本君が久しぶりに稽古参加してくれましたが、全治2ヶ月との事。まだまだ稽古の出来るような状態ではないのですが、杖や剣は握れないので参加せず、体術のみの参加をされました。就職先への引越しも終わってこれから仕事が始まりますので無理の無い様に願います。

会社の方は、木曜日と日曜日が定休日との事で何とか木曜の道場には仕事が落ち着く四月からは参加出来そうとの事でした。

一方、サッカーで左足首にひびが入った一番弟子K藤君に件のH本君が昨日出会ったそうです。完全に左足が使えず、両手に松葉杖の状況で、彼も3ヶ月の重症との事。6月までは休会となりそうです。

若い二人の戦力が当面期待出来そうに無いので眞武館のパワーも弱体化する様です。何とか新会員の勧誘を行わなくてはなりません。

昨日見学に来られる予定だった親子三人連れはとうとうお出でになられませんでした。先週の木曜日の見学予定を昨日に延期されるとわざわざご連絡頂いておりましたが残念です。

これで見学希望の連絡を頂いて二連続で予約だけでお出でいただけませんでした。

門下生の手足の負傷が相次いでいる事と言い何か不吉な予感がします。やはりお払いに参るべきでしょうか?

そうそう九番弟子M野さんもマラソンの練習で膝を痛めたとの事、またお一人手足の故障者が・・・

昨日の稽古参加者は、三番弟子TJさん、四番弟子H本君、五番弟子T尾さん、八番弟子N田さん、九番弟子M野さん、十一番弟子T玖君、十二番弟子Y里君、十三番弟子Sちゃんでした。

稽古の方は先だっての土曜日の古曽部防災公園体育館での合気道教室での稽古と同じものを致しました。と言っても四時間かけて行ったものを二時間で行うので休憩時間をだいぶ省かせて頂きました。

気結びや反射道は子供達には少し難しかったかもしれませんが、子供達にも通じる稽古方法だと確信を得ました。

最初の杖では、冬場は凍て付く寒さの島本町立体育館も杖素振りで大汗をかくほど春を迎えたのか暖かでした。

四番弟子H本君の沖縄土産を皆でほおばりながら自宅への帰路に着きました。

H本君、お土産ご馳走様でした。

2014年の本日までの稽古時間/稽古日数=98時間/35日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。