台風26号(20131017)

台風26号の被害の甚大さを昨日来のテレビニュースや朝刊各紙が伝えています。

関西の地ではありがたい事にまるで嘘のようにほとんど被害がありませんでした。関東では大変な事になっているようです。特に伊豆大島では多くの方が亡くなられたり行方不明となられておられ、今も懸命の救助活動が続けられています。

いったい最近の日本の気象はどうなっているのでしょうか?

異常過ぎてもはや「異常気象」というキーワードも新聞紙上やニュースでもあまり見聞しないような気がします。

何かとてつもない恐ろしい事が地球規模で起こっていて映画の中のお話のように各国政府が国民に秘密にしているとか・・・

その様な思いも沸き起こってくるような異常さです。

今現在、被災の真っ只中の方々やその救援の方々には、苦しい中ですが是非一人でも多くの方が救助されるよう祈念致します。また、不幸にもお亡くなりになられた方々やそのご遺族の方々には哀悼の意を表します。

この様な過去に類を見ない災害に次から次へと見舞われる時代に生きているのですから防災意識を普段から持つしか一般人の我々にはなす術がありません。日ごろから緊急時の家族の連絡方法や避難所の確認、防災グッズの点検をもう一度致したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。