佐々木 将人師範ご逝去

「お知らせ」のページに昨日掲載いたしましたが、公益財団法人合気会の報によりますと、かねてより病気療養中の佐々木
将人師範が平成25年(2013年)2月15日にご逝去されました。享年84歳とのことです。
近年、開祖植芝盛平翁先生の愛弟子だった方々が相次いで亡くなられておられ寂しい限りです。
ますます合気道の普及に勤しむ覚悟を固くする所存です。

昨日は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場の稽古日でした。残念ながら稽古参加者は九番弟子N田さんと十三番弟子T玖君の親子だけでした。
昨日の稽古は相半身片手持ちからの二教固めから初め、正面打ち入り身投げ、二教固めと三教固めの際について、顔面への正面突きに対する側転入り身投げの稽古等を行いました。
寒い冬場は稽古参加者が少なくなると同時に卒業者や就職活動真っ盛りの学生も参加が阻まれるようになります。
もう少しすると入学のシーズンとなり新たな仲間が増える時期となります。寒い冬場の稽古、何とか乗り切って春を迎えたいと思います。 佐々木
将人師範のご冥福をお祈りいたします。(合掌)

(2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=55時間/24日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。