2012年合気道「眞武館」忘年会

昨夜は道場開きから三回目となります合気道「眞武館」の忘年会でした。少し早めに社を後にして稽古開始の19時より20分前に島本町立体育館に入りました。私自身にとっては、先だって行った会社の部の忘年会に続いて今年二度目の忘年会です。

至誠館からも忘年会に参加頂ける方々が稽古にもお見えですのでいつもよりも多めに畳を敷かせていただきました。

稽古参加者は、一番弟子K藤君、三番弟子TJさん、四番弟子H本君、五番弟子T尾さん、六番弟子M井さん、九番弟子N田さん、十番弟子M野さん、十一番弟子M田さん、十三番弟子T玖君,十五番弟子N山さんでした。至誠館からは鉄人T井さん、O本君、関大合気道サークルN山さん、K澤さん、N江さんがご参加いただけました。毎回これだけの畳を敷いてこれだけの人数で稽古が出来るようになれば安泰なのですが・・四つの班に分かれての稽古となりました。

稽古はいつもの準備体操を早回しで行い、天の鳥船、振魂、前後斬り返し体の転換、一人体の転換、二人体の転換を行っていただき、休憩無しで正面突き内転換一教押さえ込み、正面突き入り身投げ、正面突き側転入り身投げ、正面打ち四方投げ、後ろ両手取り回転投げ、、後ろ両手取り一教押さえから二教押さえ小手返し、天地投げと45分間の連続稽古とさせて頂きました。

稽古終了時には大汗を掻きましたが、いつもより一時間早くすぐさま畳の片づけを行い、阪急水無瀬駅前の焼き鳥屋「和」に向かいました。そこで門川師範、谷口師範と私の家内、十四番弟子Y里君が合流して丁度20名での宴会となりました。Y里君は滑り台から落ちて腕を骨折したとの事。しばらく合気道はお預けとなるようです。

焼き鳥屋さんでの「かしわ(鶏肉)の水炊き」でしたのでかしわ肉は余りある量でした。味もおいしくアラカルトとして出てくる焼き鳥は絶品でしたが鍋の後のラーメンと最後に雑炊でお腹ははちきれんばかりとなりました。

道場長として最初に挨拶させていただき、私の師匠の門川師範にその後を締めて頂き、つづけて谷口師範に乾杯の音頭を取っていただきました。結局20時半開始で24時近くに終了となりましたが、最後の締めは最長老の三番弟子TJさんに一本締めをして頂きました。

家内と二人、阪急水無瀬駅で23時55分発の電車で高槻市駅まで帰り、二男に車で迎えに来てもらいました。家内が深夜の電車に多くの人が乗車している事に驚いていました。

眞武館も三回目の忘年会が無事完了しました。来年は複数の有段者を輩出出来そうです。来年もますます眞武館を充実させていきたいと思います。

昨日の稽古ならびに忘年会にご参加いただけた門川師範、谷口師範はじめとした皆さん、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。

2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=431時間/183日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。