一番弟子昇級

昨夜は合気道「眞武館」島本道場の稽古指導日でした。

合宿明けの稽古にもかかわらず、合宿参加の一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、七番弟子T尾さんは、元気に稽古に参加いただけました。

その他にも八番弟子M井さん、十六番弟子N田さん、十七番弟子M野さん、十八番弟子M田さんが稽古に参加いただけました。

昨夜の稽古は、いつものように準備体操の後、前後切替し正面打ち体の転換から始めて、一人体の転換、二人組んでの「体の転換」まで入念に稽古頂きました。

その後、逆半身片手持ち体の転換からの二教持ち一教押え込みを「大きく、円く、ゆっくりと」をコンセプトにおいて全身で、自分の身体の各部分が結ばれた動作を作る鍛錬、それを受けと結ぶ鍛錬へと発展させて稽古頂きました。

最後に、体の転換後下回しで体捌きをしていたものを上回しに変えて四方投げとし、これも「大きく、円く、ゆっくりと」を基本に稽古頂きました。

稽古後、一番弟子K藤君への一級印可状の授与を行い、上手く行けば審査から半年後の9月には二番弟子S木さんと同時に初段審査となる旨を伝えました。

この半年でどれだけ伸びていただけるのか、非常に楽しみです。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=171時間/67日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。