杖回しと短刀取り

土曜日は、午前中の高槻市立芝生総合スポーツセンター体育館、午後が高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館での市民公開合気道教室でした。

午前中の芝生体育館での稽古は、窓を開け放ち心地良い春風の中での稽古となる予定でしたが、冬の窓を開け放たない間につり天井の桟に積もりに積もった、綿埃が風に舞い、あたかも綿雪の中で稽古をしているような状況でした。健康に害がなければ良いのですが・・・

午後の稽古前に道着姿のまま吉野屋で牛丼を食し、一旦帰宅してNHK連続ドラマ「梅ちゃん先生」を見てから古曽部へ向かいました。

古曽部には、一番弟子K藤君、至誠館OKさん、T居さん、K藤さん、M澤さん、S木さん、K松さん、関大合気道サークルS水君が参加してくださいました。

この日の稽古では、いつもの準備体操、杖回し、杖捌き、320本の杖振りにつづき、杖での正面突きに対して外転換して杖を取り、杖回しの形から呼吸投げを行っていただきました。

この技では杖自身を受けの気の流れに見立て、呼吸投げに至るまで、杖をきれいに流す事で、気の流れに沿った技に導いていただきました。

続いて、同じ理合いで短刀での正面突きに対して内転換して二教腕固め、続いて五教短刀取り、六教肘固め短刀取りと技を展開していただきました。杖でも短刀でも、相手の気を杖回しの要領で八の字に導く技とさせていただき、徒に競い合わない、流れの技を行っていただきました。

祖の後、三十一式型杖、八式組杖等を行って、整理体操の後、午後の4時間に亘る稽古を終えました。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=132時間/52日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。