合気道眞武館島本道場稽古

本日は、合気道眞武館島本道場での稽古指導日でした。

本日は久しぶりに大勢の門下生の皆さんが稽古に集まってくださいました。
一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、四番弟子TJさん、六番弟子H本君、八番弟子M井さん、十番弟子M岡君、十一番弟子U城さん、十三番弟子U道さん、高槻松阪屋道場I東さん、関大合気道サークルN山さんと私で総勢十一人となりました。

今日の稽古は、最近の課題である網代歩きの入り身への応用技である相半身からの片手持ち、短刀突き、短刀正面打ち等からの一教押え込み技をそれぞれ時間を掛けて履修し、いずれも同じ理合いからの技であり、いずれの技も出来るようになることを目的として相半身交差持ち一教押え込み技が約束稽古として成立していることを説明させて頂きました。

最後に座技呼吸法から立位呼吸法、呼吸法からの天地投げへと技を展開して稽古を行って頂きました。

今日も最高齢の四番弟子TJさんには道場のムードメーカーとして稽古を盛り上げて頂きました。TJさんが稽古に参加されると道場に笑顔と笑いが絶えません。本当にありがたいと思っております。

今日で今年初めからの稽古時間が300時間を越えました。これからも頑張っていきます。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=301時間/116日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。