合気道:新入門者

本日は眞武館島本道場の稽古日であったが、いつもの町立体育館の予約が取れず、町立第一中学校体育館での稽古となった。

体育館にはマットや畳等の設備が無く、板の間での稽古となった上に、バレーボールと体育館を半分ずつ共有しての稽古であった。

広い体育館に反響するバレーボールの元気な女性達の掛け声に押されて指導する声が聞こえない状況下での稽古となった。

板の間での稽古と言う事で、今日は合気杖の稽古とした。本日初めて体験稽古にいらしたU城さんとT橋さんも最初から杖の稽古に参加頂いた。参加者は、本日新調されたばかりの杖を携えて参加された二番弟子S木さん、七番弟子T尾さん、至誠館関大合気サークルのN山さんと私を加えて6名での稽古となった。

稽古の方は杖振りの仕方、杖振りからの体捌きの修練、杖横面打ちでの手腰足の一致動作の修練、杖横面打ちでの組稽古を行い、最後に杖正面打ち素振りの手ほどきを行って今日の稽古を終えた。

新しい杖を今日の稽古に間に合わせて参加頂いた二番弟子S木さんは、初めての杖に少し面食らっておられた様だが、最初は誰でも上手くはいかないのが当たり前。本日の初稽古としては及第点だと思えるので今後も杖に関しても稽古を行っていき、眞武館の門下生は武器を持たせても立派に合気道が出きる様にしていきたい。何よりも合気道の武具である杖を愛せるようになっていただきたい。自分の手足の様に使えるのが私の目標でもある。

先ほど体験稽古されたお二人が来週月曜日に入門されたいとのメールが届いた。今月は仮入門を含めて3名の新規入門者が相次いだ。体育館の年間予約も決まった様なので眞武館も今のところ順風満帆である。

念のために肩まわりの整理運動は行ったが、初めての杖の稽古でS木さんやお二人の新入門者の方々の肩や背中が明日になって痛まないように祈るばかりである。(-人-)

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=113.5時間/46日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。