夢心地で合気道

本日の眞武館日立金属道場での合気道の指導は、一時間半のみの睡眠時間と言う睡眠不足状態で一日を過ごした末での指導となり、ほとんど夢心地の中での稽古となった。

人間、結構大丈夫なもので、頭痛が起こるわけでもなく、無事稽古を終えれた。

今日は後ろ技の稽古を行った。参加の門下生は、
一番弟子K藤くん、二番弟子S木さん、七番弟子T尾さん、至誠館のS木さんでした。

本日の後ろ技の稽古でもぶつからない合気動作の修練を中心とした稽古としました。

稽古後に二番弟子S木さんにご心配頂きながらJR島本駅まで歩きましたが、やはり結構時間が掛かった様で、いつもの電車には乗れませんでした。

さあ、明日も頑張るぞ!!

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=80時間/33日)

  1. 昨日の稽古、師範、ほんとうにお疲れのご様子でした。JR島本駅までご一緒させて頂き、駅前で別れた時、師範の背中を拝見させて頂きながら、「今日も熱心にご指導頂きほんとうにありがとうございました。」と、感謝の気持ちで頭を下げ、帰宅しました。師範も無事に帰宅されたと、武ログで知り安心致しました。
    男の人は、ほんとうにたいへんだと思います。私の主人も、今年3月末に定年を迎えます。雨の日も、風の日も、私と娘たちの為、愚痴もこぼさず、涙もみせず、「時代おくれ」の歌詞みたいですね、一生懸命働いてくれてほんとうに感謝、感謝です。これからは、のんびりと体を大切にして、私のそばに居て欲しいです。今までは私を守ってくれた主人、今度は私が全力で主人を守ってあげたいと思っています!!
    稽古が終わり帰宅すると、愛犬コタローと一緒に私の帰りを待っていてくれる、「早よ風呂入りや。」主人のその言葉が「ファイト!!一発!!」ビタミンドリンクの様な元気のでるかけがえのない言葉です。
    師範、くれぐれもお身体大切になさって下さい!!大切なご家族、眞武館の愛弟子達の為にも!!

    • 昨日はお気遣いいただき有難うございました。m(_’_)m

      本当にかなり疲れていた様で、島本駅までの道のりが長く感じられ、いつもより相当遅くなってしまいました。

      駅前の交差点で背中を見ていただいていたとき、重いカバンに体がだらしなく傾いて、足を少し引きずるように歩いている自分の姿をS木さんに見られているかもしれないなと思いながら歩いていました。

      そう思いながらも疲れでいつもの様に胸をはって歩けず、ねこぜであるいていました。

      相当な寝不足を押して無理をしたせいか、今日は朝から舌の付け根に口内炎が出来て辛い思いをしました。

      今日の至誠館市役所道場では、体力も回復して汗を描いて稽古をすることが出来ました。

      ご主人の会社の以前の所在地は私の実家の近くなのですが、私が高槻に住まいしておりますのも、以前は実家から長岡京の会社までの通勤時間が掛かりすぎ、早朝の電車も少なく、余計に時間が掛かるため実家近くからの通勤を断念したからです。一時期は甲子園口から通っていましたが、それを思うとご主人の通勤はたいそう大変だろうと思います。

      私の定年はまだまだ先の事ですが、ただ、着実に目の前に近づいてきております。定年までに合気道をライフワークと出来る環境を整えたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。