2010年(財)大阪合気会演武会

本日は、毎年恒例の(財)大阪合気会演武会でした。
至誠館と眞武館門下生は、午前11時に阪急高槻市駅集合でしたが一番弟子K籐君、二番弟子S木さん、六番弟子H本君、七番弟子T尾さん、ほとんど眞武館門下生でした。阪急南茨木経由にて大阪モノレール山田駅近くのコンビニでお昼ご飯を購入後、会場となる洗心館にむかいました。

演武会の模様を家内が撮影してくれましたのでアップします。私の画像ばかりで申し訳ありません。道場長デビューですので紹介の画像からアップしており、眞武館、至誠館の演武まで一本に纏めました。ご覧下さい。

[videopop vid=”1288536690″ vtitle=”2010年大阪合気会演武会”]2010年大阪合気会演武会[/videopop]

受けを取っていただいた同志社大学体育会合気道部一年生の一方位君、本当にありがとうございました。これまで一度も稽古手合わせをしたことが無く、先日の高槻市合気道連盟演武大祭後の懇親会で意気投合して、勢いで受けをお願いし、当日の合わせ稽古も一度もせずに、段取りだけ伝えての行き成りの本番でしたが、非常に旨くいきました。しかも、眞武館と至誠館の二度も受けをとっていただきました!出来れば来年も一緒にやりましょう! ありがとうございました。

また、毎年感心するのですが、関西創価神戸学院高校の演武は本当にすばらしいと思います。高校生達もすばらしいのですが、ご指導が行き届いているのでしょうか、毎年変わらぬすばらしさです。眞武館も見習わねばと思います。

色々な演武が有りましたが、眞武館の門下生達は、数ヶ月の稽古でここまで出来たのは、これもまた、本当にすばらしいと喜ばしい気持ちで一杯です。なのに、肝心の師範である私は・・・・初の道場長としてのお披露目の演武会での道着を・・・・至誠館の道着と間違えて用意しておりました。(^^;

何人もの方に、眞武館の道着をどうして着用していないのか質問されました。(^^ ゞ

まあ、至誠館のほうの演武にも出るようにと門川師範からご指示がありましたので、そちらもやる気満々だったと言うことで・・・・(^O^)\(_ _#

帰りは雨に降られましたが、関西に来て一ヶ月まだお好み焼きを食べたことが無いとおっしゃるT尾さんのご意見で阪急高槻市駅前の鶴橋風月でお好み焼きを食べて解散としました。

皆さん、お疲れ様でした。m(_’_)m

  1. 嫌病院釈惟神

    師範、素晴らしい演武をした高校の名前が違っていますよ。
    私のブログにS高校と紹介してから読ませていただいたので、間違ったかと急いで確かめました。
    毎年素晴らしい演武を見せてくれています。指導しておられる方も素晴らしい魅力あふれる人です。

    • 惟神師範、ご指摘ありがとうございます。

      すみません、神戸出身なもので、変に神戸学院大の名前が頭に残っていたのが原因だとおもわれます。やはり年をとってきたようで、関西創価高校は、2名も部下がおりますのに・・・・(ちなみに部下二名は芸人のモンチッチやコアラと関西創価高校同級生で友人で今も交流があるそうです。)なんで間違えたのだろう・・・

      関西創価高校の皆さん、大変失礼いたしました。申し訳ありませんでした。早速訂正いたしました。m(_’_)m

      いずれにせよ師範のサイトでお書きのように、「学生らしさ」の意味のはき違えが多く見られる中、すばらしかったと思います。伝統の演武を作られた諸先輩方も当時は学生だったわけですから、今の学生も新たな伝統を追加する事は十分可能なはずです。すばらしい伝統が次々と生まれ足される事を切望します。

  2. たくさんの方々の演武、とてもすばらしかったです。私も、参加していましたが、25年の歳月の流れの長さ、ひしひしと感じてしまいました・・・。25年前にもっていた「若さ」は失くしてしまったかもしれませんが、25年の時を経て、また、合気道を再開(再会)出来た事、嬉しく思い、25年前には、私のそばにいなかった2人の娘たちや孫、そうそう一番大切な人を忘れていました・・・主人!!に、ほんとうに感謝した一日になりました。これからも、自分に無理をせず、家族を大切にして、師範、道場の皆さんと共に、稽古に精進したいと思います!!

    • いつも熱心に稽古にお出で頂きありがとうございます。
      人数の少ない若い道場なので、非常に力強く思っております。

      「若さ」を失ったなんてそんな事ないですよ!
      毎日人間は年をとるものですが、待合せ時にT尾さんの奥さんかと見間違えたくらいですから(^O^)b

      3日の島本町文化祭も宜しくお願いいたします。m(_’_)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。