新体育館完成前見学

2010年1月16日に土曜の市民公開合気道教室を欠席させていただいて、4月2日(金)オープン予定で、オープン翌日の3日(土)からの合気道教室開催が決まっている古曽部防災スポーツ公園体育館の完成前見学会に行って参りました。

公園設備の方は、まだまだ整っておらず、土木工事の真っ最中でしたが、体育館と野球場、二階建ての立体駐車場や管理等のビルなどはほぼ完成しており、特に体育館は、後は備品を運び込むまでに出来上がっておりました。

非常に広い敷地ですが、我々合気道には余り関係ありませんが・・・、メインアリーナはその規模自身は、芝生(しぼう)体育館の大体育室と同程度ですが、ただ観客は、250名程度しか入らず、球技等の公式試合では立ち見等の観客があふれかえりそうです。前面の道路も16メーター幅位ある広い対抗二車線道路ですが、高槻市内では閑静で高級な住宅地を抜けるため、大型車輌の通行は禁止されております。そのため、大会等で遠方から大型貸切観光バス等による団体参加者は事前に高槻警察に通行許可を取る必要があるそうです。

私ども合気道連盟がお借りして眞武館で指導させていただく予定の合気道教室を開催するサブアリーナは、芝生体育館の中体育室と同程度の広さがあり、公式戦用のバスケットコートが一面入ります。芝生でお借りしている小体育室から比べるとかなり広いのですが、芝生は畳敷きですが、こちらはスポーツ用マットを160枚程度敷詰める必要があります。このマットの上げ下げだけでかなり時間と労力がかかりそうです。

iPhoneで撮影したサブアリーナの映像です。約10分間弱の新体育館ナビをご覧ください。

[videopop vid=”1276212291″ vtitle=”高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館”]第15回高槻市合高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館気道連盟演武大会[/videopop]

  1. 古曽部防災スポーツ公園体育館の写真を1月24日の武ログ記事「高槻市国際シティー・ハーフ・マラソン」に掲載しました。ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。