徒に競い合わない

「徒に競い合わない」と開祖は仰った。

これは「道場訓」の一節であるが、この意味するところは非常に深いと考えている。

一般的には道場での稽古で力任せの競い合いや、技の上達具合の競い合いを行わないようにと言う意味に説明される場合が多いが、私自身はこのお言葉は合気道全般に通じる深い理合いだと考えている。

以前にこのサイトの「信念」のページにも記載したが、実践合気道として、人と和合して行く事の研鑚が大事なのだが、この入口に「徒に競い合わない」と言うお言葉があると思う。すなわち「和合」の本質でもある。

このお言葉を道場を離れた、日常生活の場でも実践できればストレスの無い楽しい日々を送れると思う。競い合う相手は他人ではなく己自身である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。