導入指導(20160926)

昨夜は合気道「眞武館」島本道場での合気道指導日でした。

昨夜は、T尾さん、K谷さん、N尾さん、関西大学合気道サークルからY倉君、Y田君が稽古に参加いただけました。

新人の方が多くお出ででしたので、合気道の導入指導をさせていただきました。合気道の稽古を始めるための基礎の基礎の稽古です。

先ずはいつものように杖を用いた手首の鍛錬、杖捌き、杖素振り、31式型杖、木剣を用いての立ち居振る舞いと礼法、抜刀、納刀の仕方、素振りと前後斬り返し正面打ち体の転換、左右斬り返し正面打ち体捌きをこなし、杖や剣の素振りでは呼吸法と気合の稽古もして頂きました。

つづいて前方回転受け身、後ろ受け身、後方回転受け身、膝行による前後進を稽古頂いた上で、「片手両手持ち呼吸投げ」で前方回転受け身の実践稽古を行って頂きました。

休憩時間もあまりとれないような濃い稽古となりました。意外と最年長のN尾さんが非常に速くコツをつかんで上手に受け身等をとられておられたことに失礼ながら感心させられました。この調子で稽古をして頂ければと思います。指導内容を素直に聞かれて体現されておられるのが良かったのだと思います。真新しい道着もお似合いでした。

先輩のK谷さんや関西大学合気道サークルのY田君もそれぞれ真新しい道着姿でした。新しい風が眞武館に吹いていることを実感させられました。

それぞれ、慣れない動きで大変でしょうが、新人時代の一つのヤマを越せば一気に楽になります。受け身も最初は恐怖心が先行しますが、「平常心」を会得する最初の関門だと心得て、楽しく受け身が取れる様に積極的に受け身の稽古に励んでください。

昨夜の指導の様に「受け身」の稽古では「平常心」と「弓手(合気道の手)」を身につける事が出来ます。

2016年の本日迄の稽古時間/稽古日数=348時間/118日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。