平常心(20151202)

昨日はテレビ会議でオランダのIT責任者と話す機会を得ました。

既によく知っている方との会議なのですが、会議前の日常的な会話や会議の出だしの進行などはスムーズに話せるものの、会議が深堀に入ると言いたい事がなかなか上手く伝えられません。

緊張もあるのでしょうが、頭が真っ白になってしまいます。

日頃合気道の指導で平常心の修行だと偉そうな事を述べているのに情けない事です。

あとで冷静に考えたら簡単な言い回しで良かったのに、複雑な表現に頭が行ってしまってパニックになったようです。

「なんでこの様に話さなかったのか」と悔やまれる事が多々ありました。

日常の生活で活かせなければ日々の合気道の修行の意味がありません。

昨日の失敗の原因について、これも道場での指導時によく言っている事ですが、「普段行っていない事は、道場でやろうとしても出来ない。日頃の修練が大切。」と言う事だと身をもって噛み締めました。

日々英会話の学習も怠らず行っているにもかかわらず情けない事です。

そこで昨夜は退社後、JR高槻駅前のアルプラザ一階にある大垣書店で英語の参考図書を購入して、基礎の学習からやり直す事に致しました。

明日には再度、今度はアメリカとのテレビ会議があります。同じ二の舞を踏まない様に、平常心の修行だと思い、冷静に英語での会議に臨みたいと思います。冷静に会話すれば大丈夫なはずです。

来週は、海外から多くの方を招いて、二日間にわたる会議とパーティーも予定されております。主催者として英語での会話を楽しめればと思います。

一度に英会話と平常心習得の合気道の修行が出来るのですから、これらの行事を楽しめない道理はないと思います。

さて、明日は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での合気道指導日です。

門下生の皆さんにはお伝え致しておりますが、出張の関係で若干到着が遅れそうです。途中LINEから連絡を入れるつもりですが、指導の方はT尾さんにお願いしておりますので先に稽古を始めておいてください。

T尾さん宜しくお願い致します。

では、今日も頑張ってお仕事に取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。