合気道 こぶ(20180416)

合気道 療養経過

僧帽筋下部を負傷して3週間が経過しました。

現在の状況は、 合気道 の稽古指導は何とか普通に出来るようになりました。ただ、常に負傷個所の違和感は取れず、軽い鈍痛があります。

また、痛み止めのお薬の服用は、三食後だったものが、何とか朝食後だけで済むようになりました。寝起きの体が硬直している間がひどく痛むだけで、これを抑えるために朝だけ服用しております。

今朝、負傷個所を鏡で見ていると少しふっくらと膨らんだ「こぶ」になっていました。

まだ腫れがひいていないようです。

今日も負傷個所が冷えないようにホッカイロを張り付けての出社です。やはり冷えると痛みます。この時期、早めにかけられたエアコンが天敵です。先だってもエアコンで冷えて痛い目に会いました。

土曜日の芝生 合気道 教室は、用心のため休ませて頂き、午後からの古曽部教室の指導に絞らせていただきました。

今週の土曜日にはサバイバル稽古がありますので、なんとかそれまでに完治できればと思います。

本日も 合気道 「眞武館」島本道場での 合気道 指導をしなければなりません。

焦らずに少しづつ、リハビリのつもりで完治を目指します。

2018年の本日迄の合気道稽古時間/合気道稽古日数133時間/52日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。